サーバーを持っているかどうかの制限

サーバーの有無で選択肢が変わる

規模の違いはあれど、メールによるマーケティングを行なっている企業が多くあります。小規模の配信範囲であれば、自社のメールシステムから送ると言う選択肢もありますが、数千人、数万人単位でメール配信を行おうとすると、配信の利便性、安全性の面からメール配信システムを用いてメール配信を行うのが賢明と言えます。国内外にメール配信システムを提供している業者があり、中には無料でシステムを利用出来るものもある状況です。数あるメール配信システムの中から、業者を選ぶ上では自社でサーバーを持っているのか否かで選択肢が変わって来ます。サーバーを持っていない場合、選択出来るメール配信システムに制限が出てくるので注意をしましょう。

ニーズに応じて選ぶのが賢明

サーバーを持っていない場合、クラウド上で提供されているメール配信システムを利用するのが一般的です。一方、サーバーを持っている場合、自社のサーバーを利用してメール配信システムを構築していきます。自社のニーズに最適な形でカスタマイズが行えるので、メール配信に細かな設定を加えて行きたい企業などには最適と言えます。なお、自社サーバーを持っている場合であっても、工数削減や経費の削減を目的にクラウド上で使用するタイプを選ぶ企業も少なくありません。自社のニーズに合わせて選ぶ様にすると良いでしょう。また、サーバーだけの視点では無く、ステップメール機能の有無や解析ツールの充実度なども含めて複合的に見て行くのもメール配信システム選びのポイントと言えます。