メール配信の読者数による制限

読者数の上限や制限に注意

無料のメール配信システムにおいても、基本的なメール配信は行う事が出来ます。
限られた機能しか使わないのであれば、無料のメール配信システム、あるいは有料のメール配信システムであっても無料の範囲内で利用をするのが良いでしょう。
ただし、無料のメール配信システムや無料の範囲内で利用する際に注意が必要なのが読者数による制限です。
無料のメール配信システム、また、有料のメール配信システムの一部でもメール配信の読者数に制限がある場合があります。
例えば、100件までは無料で、それ以上の読者数になると課金対象になると言った形です。
現時点で配信対象数が少ない方も将来を見据えて、利用をするメール配信システムを検討するのが良いでしょう。

将来を見据えた選び方

無料のメール配信システムを利用するにあたっては、将来を見据えた選び方が大切です。
現時点で読者数が50人程度でも、将来的に1000人や1万人にまで膨れ上がって行った際にも、柔軟に対応する事が出来る様にするのが望ましいと言えます。
都度、メール配信システムを変えるのは効率を考える上でも賢明では無いので、将来的に拡大出来る余地や見込みがあるのであれば、メール配信システム選びの段階から検討事項として含んで行きましょう。
物理的な上限があるのか、人数が増える毎にどれだけの費用が掛かるのかを比較検討して選ぶ様にするのが賢明です。
無料のメール配信システムでも使い勝手の良いものは沢山あるので、有効活用する様にしましょう。