アドレスや配信数による制限

初めてでも簡単に情報を届けられる

情報を提供するためにはお金がかかると考えている場合は、無料のメール配信システムの利用をおすすめします。初めてだったとしても簡単に情報をメールに載せて登録者に届けられるため、お金をかけずに済みます。
また、無料版で満足できなくなった時は有料版に切り替えれば良いだけなので、最初は無料版から試すべきです。業者によって無料で利用できる範囲は異なるので、満足するためには色々な業者のチェックが必要です。
特に、アドレス数や月間の配信数はメール配信のサービスを利用する際には重要な情報です。無料版と有料版では、アドレス数と月間の配信数が大きく異なるケースがあるので、できるだけ差が少ない業者を発見すれば、お得なメール配信を実施可能です。

制限を意識しながらメール配信を行いましょう

メール配信のサービスを利用して情報を届ける場合は、アドレス数と月間配信数を意識することが大事です。早めに制限数に到達してしまうと、新しいアドレスを登録したい場合に困りますし、月間の配信数が上限に達してしまった場合は、翌月まで待たせることになります。
そのため、どちらも余裕のある状況で利用していくのが望ましいでしょう。お金をかけたくない場合は、複数の業者で無料のメール配信サービスを利用する方法があります。
業者によって細かい仕様は異なるため、全く同じ内容のメールを配信できない場合はありますが、似ている内容にすることは可能です。ですから、たくさんのアドレス数と月間配信数を希望しているなら、複数の業者を掛け持ちしましょう。

メール配信APIは、大量メール配信や、プロバイダへのメール未達の調整など、通常のメール配信では困難なことをAPIの利用で可能とした、仕組みです。配信予約、配信状況確認、エラーリスト取得が可能です。